不定形備忘録

書き留めたいことがあれば更新します!10割自己満です

音楽で感情をコントロール?

この前自分の好きな曲がイントロで決まるって話をしていたじゃないですか、

YouTubeでたまたま、聴く音楽によって感情をコントロールできるという話を聞いた。「頭の良い人はヘビメタを聴きがち。なぜなら、頭の良い人は(色んな理由で)外的要因でストレスを感じることが多い。ヘビメタはネガティブな歌詞である。ここで、マイナスな感情の人間がマイナスな音楽を聴くことにより、自分のマイナス度が客観視できるようになる。これにより己のマイナスな感情をコントロールできるようになり、結果ポジティブな人間になる。」というものだった。

たしかに〜

ワイの知ってる、『才ある者は理解者が少ない』という言葉そのまんまっすね、うん。天才は死後に評価されるということです。

ワイは悲しい時に悲しい曲を聴くと悲しみが増幅されるのでは?と真っ先に思った。辛いのになんで辛いことをせんといかんのや。でもね、よく考えると、悲しい歌詞であってもそれって大体抽象的じゃん。限定的な歌詞ってあんまり音楽にはなくて、受取手によって印象は変わる。これは、昔言った「簡単な言葉を用いた発言であればあるほど抽象的な表現になってゆくから人に正確に伝えるにはそういう言葉を避けた方がいいだろう」という考えと合致する。そりゃそう、誰か特定の個人に向けた曲より万人受けする歌詞の方が人気はそりゃあ出る。音楽で食ってか人ってのは、商業的な面で万人受けの歌詞を書くことになるのかもしれない。オリコンヒットチャートを見ると歌詞は大体そうだ。まぁこういうランキングにはミーハーの人間による音楽で共通認識を得て会話のタネにする、って側面も色濃く出てるから一概には言えないけどね。ストリーミング配信が当たり前にあるこのご時世だし。ただ、限定的な歌詞の曲ってのは確かにこの世には存在するわけであって、その歌詞がプラトニックな部分にぶっ刺さってしまうとめちゃくちゃ好きになる傾向は、ありますあります(食い気味)。poppin'partyの『Light Delight』がまさしくそれ。

閑話休題

私は元気がない時元気を貰える曲を聴きたいと思う。でも、実際精神がやつれてる時に元気を貰える曲を聴くかどうか。元気がないひとが輝いてる曲を聴くと「うっせーよ馬鹿野郎誰も彼もがキラキラできるか」と聴くのをやめてしまうかもしれない。でもねぇ、私は音楽を趣味にしているところが非常に大きいから。そうでない人の方が多いのは知ってる。だから、そうでない人はまさに上記の台詞の通りの感情になるんだと思う。ワイは楽しい気持ちになるために音楽を聴くより、音楽を味わうことを楽しみひしているのであって、音楽を聴いてる最中、聴いた後はいつでもハッピーだ。

だから、何が言いたいかっていうと、旋律を楽しむために音楽を聴いてる人からすれば、音楽を聴く=好きなこと、だからネガティブだろうがポジティブだろうが関係なし。なんなら歌詞なんか聴いてないしそれ故に覚えることもできなければ意識しないと歌詞なんて入ってこない。でも世の中そうでない人の方が多い。そういう人は悲しみのストレス発散に音楽を依代にしてる部分があるのかな?そういう人は、当てはまるんじゃねーの

ストレス軽減の矛先がどこに向かうかの話でしょ。それを明確にしてない人。そして音楽を娯楽としてない人。その条件が重なり合えば、ポジティブ・ネガティブな歌詞によって左右される。それだけの話だ。該当しないからくだらね〜ってなっちゃったわ。

それでは。