不定形備忘録

書き留めたいことがあれば更新します!10割自己満です

オタクになるキッカケを考える

2021年9月末現在、

765PRO ALLSTARSに沼り始めたのはなぜか?

を考えたく、この記事を書いています。

 

2018年末にレヴュースタァライトにぞっこんになったとき、

自身の境遇を思い出す。

 

2018年の夏に大失恋をし

その穴を埋めるように他の女の子に手を出しまくっていた。

 

渋谷のクラブに行ったり、

サークルの女の子と複数回デートに行ってはフラれたり。

 

 

穴を埋められる、夢中になれる何かが欲しかった。

 

私は、何かを失ったとき

喪失感

内省

フラットな状態になる。

①悲しみと虚無感が伴って…もう話すことも会うこともできない。

②反省…あの時どうすべきだったのか、この経験はどう活きるか。

③それが自分の中で地に足付くと、やっと落ち着く。そこでようやく自身の箱の中にスペースが空き、新しいモノが入れられる。

 

2018年の夏に失恋をしてしょぼくれていた頃、

「新しい恋愛で上書きしよう!」と空元気でいた。

内省をしないと前へは進めないことに気付くのは時間を要した。

 

 

内省を終えたタイミングで、

ちょうど良くレヴュースタァライトのライブに誘ってもらった。

f:id:salikocodegeass00:20210921145002p:plain

参加した2ndLIVE starry desert

 

自分の空いた箱のスペースに、

スタァライトが綺麗にするりと入ってくる感覚があった。

 

面白すぎて寝る間も惜しんでアニメを視聴し、

CDやBlu-rayは勿論、

キャストの皆様が出演されている舞台に何度も足を運んだ。

(当時の一部は下記の記事が該当します。)

hisakizzz.hatenablog.com

 

アプリ含む公式の供給は可能な限り摂取し、

pixivやTwitter、同人誌でSSも読み漁った。

 

シェアハピしたくて自主的に他のファンの皆様と、

ネット・リアルで交流した。

 

ロロロ(アニメ総集編の劇場版)が公開されたときは、

感想を伏せったーを使って、

これまた書き散らしては膝を打っていた。

 

懐かしい日々です。

 

 

閑話休題

 

 

主題の件に話を戻します。

これまた今年の夏に失恋致しまして、えぇ。

 

2018年の夏の失恋があったので、

他の女の子に手を出すことはなくスムーズに内省完了。

こう書くと機械的にこなしているように見えますね。

 

ちょうどこのタイミングで、

765PRO ALLSTARSの単独ライブが決まった。

f:id:salikocodegeass00:20210921145211p:plain

こちらのライブの話をしております



 

ミリオンPを本業にしている中で漠然と、

いつかちゃんとイチから履修する必要があるなぁ

とは思っていた。

 

空いたスペースに765ASが入ってきた。

スタァライトと同様のパターンで、

また新しいコンテンツに足を踏み入れた。

 

 

余談

 

 

自分の箱のスペースの中を、

どんなものをどれだけのサイズで使うか、

それが消えた時に空いたスペースをどう使うか、

これが人生での巡り合わせなんじゃないだろうか。

 

人それぞれ箱の使い方は違うだろうし、

箱のサイズ、材質も異なっていると思う。

 

こういうとんちは、

「壺を満杯にしてください。

岩を入れます。空いた隙間には砂を入れて。更には水も入れて。まだ、水の上に葉っぱも浮かべられます。

この話で最も大切なのは、"岩は最初にしか入らないので、自分にとって最も大切なものを最初に壺に入れなさい」

ってエピソードを思い出した。

 

以上です_(:3」z)_

 

 

 

おわり

 

※ここからはミリオンライブに真剣になった経緯を簡単に書きます

※上記のスペース云々とは別種なのでここに記載

 

愛美のオタクとその周りミリPから履修を勧められた。

 

アニマス放送当時、アイマスSP、2、シャイニーフェスタに浸ったり、

ミリシタを春香が出るまでリセマラしてUNION!!実装くらいまでは

暇潰しに遊んでいたので抵抗はなかった。

 

CDをいっぱい借りて円盤の鑑賞会を経て、

6thSSAに連れて行ってもらった。

 

実は、まつりが大嫌いでそこだけが懸念だった。

結果を言うと、

ライブのまつりを見てスタンディングオベーション

 

そんな、嫌悪感に従うことがエネルギーになったケースでしたね。

まつりがいなければ今の自分はいなかったでしょう。

 

今は、まつりが私にとっての"岩"です。

 

 

 

おわり